ご寄附について

学校改革 推進 寄附 ・奨学金給付基金
KSKK170(ケーエスケーケーイチナナゼロ)設立と当基金への
ご寄附のお願いについて

学校改革 推進 寄附・奨学金給付基金「KSKK170(ケーエスケーケーイチナナゼロ)」設立と当基金へのご寄附のお願いについて、平素より興譲館高等学校にご理解とご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。
1853年(嘉永6年)に「郡中教諭所」として出発した興譲館は、2013年に創立160周年を迎えました。その歴史に思いを馳せますと、当初より現在に至るまで継承されてきている「白鹿洞書院掲示」を、一貫してその教育理念としております。今日までの長い道のりにおいて、日本の近代化を支え歴史にも名を刻んだ偉人を多く輩出し、お陰様で現在も各分野ごとに目覚ましい活躍を遂げている人材を多数世に送り出しております。一方で、近年は少子高齢化が進み、随所で様々な影響を出し始めておりますが、殊に少子化は、日に日にその深刻さを増しております。残念ながら未だ回復の兆しすら見えておらず、本校も非常に厳しい状況に直面しております。これまでも「学校改革推進寄附」として、毎年多くの皆様にご寄附をお願いして参りましたが、今後、更に、安定的且つ継続的に、生徒への上質な教育の提供と育成環境の整備をしていくためには、今まで以上に地域やご卒業生の皆様のお力添えが必要となって参りました。とりわけ「奨学金」資金の拡充が、今後の本校の更なる維持と発展のための喫急の課題となっております。そこで、寄附型奨学金に特化したご支援を賜るべく、このたび、学校改革推進寄附・奨学金給付基金「KSKK170(ケーエスケーケーイチナナゼロ)※」を設立致しました。もちろんのことながら、興譲館自身も、理事会・教職員一丸となり、更なる自助の努力に邁進し、地域への貢献のみならず、全生徒の輝ける未来への展望の構築に不可欠な体験等実習を強化・養成し、また、通信制教育の充実を図り、地方、国際相互理解と国際貢献の促進をも視野に入れての留学生の募集などを引き続き腰を据えて行って参ります。これまでの寄附金などの推移と状況、並びに今般の募集に関する詳細につきましては、次葉以降をご参照頂きたく存じますが、十分な奨学金は、あらゆる分野から、より有望で優秀な生徒を多く迎え入れることを可能にし、次のステージへ送るための重要な「鍵」となります。以上のことから、厳しい経済状況の中とは存じますが、是非とも本趣旨にご賛同を頂き、既にご支援を頂戴している方々も含めまして、可能な限り定期的なご寄附を賜りたく、この段上してお願いを申し上げる次第でございます。

学校法人興譲館 理事長阪 谷 綾 子

興譲館高等学校 校 長沖 久 教 人

興譲館校友会 会 長高 橋 雅 廣

※KSKK170 は、Kojokan Shogakukin Kyufu Kikin for 170-year(興譲館奨学金基金170年)により命名されています。

学校改革推進寄附/奨学金給付基金のお願い
〜奨学金給付資金拡充のために〜

1.寄附金の目的

本学における教育の充実・発展の目的のためにご支援をお願いします。
・奨学金給付資金

2.寄附金の使途

次のように活用させていただきます。
・学業成績優秀、品行方正、経済事情により就学困難な生徒への学資援助など教育振興のために活用する。

3.募集期間

2016年9月8日から2019年9月7日の3年間

4.寄附金の種別

1)個人の方からの寄附金

1口につき

5,000円

2)法人の方からの寄附金

1口につき

20,000円

5.税制上の優遇措置について

ご寄附は、個人の方は所得税法による、法人の方は法人税法による優遇措置が受けられます。詳細はお問い合せください。

6.寄附をご希望の方へ

寄附金にご協力いただける場合は、次の方法があります。

郵便振替を利用する。お問い合せください)

銀行振り込みを利用する。お問い合せください)

クレジットカードを利用する。F-REGI寄附サイトより)

コンビニエンスストアを利用する。F-REGI寄附サイトより)

Pay-easy(ペイジー)を利用する。 F-REGI寄附サイトより)