教育理念・指導方針

歴史と伝統の興譲館

 1853年(嘉永6年)尊皇攘夷で揺れる幕末の動乱期、備中西江原界隈でも若者の心が揺れ、風俗が乱れ、夢を失いかけていました。そこで、一橋家の代官友山勝治らが中心となって有志が立ち上がり、この地域に寺子屋以上の教育を実現するために興したのが興譲館の始まりです。

 初代館長には、芳井村で私塾「桜渓塾」の塾長として名をあげていた阪谷朗廬先生を迎え、資金繰りに奔走しながらも一郷校「郡中教諭所」としてスタート。後に江戸から長崎に向かう途中に立ち寄った古賀茶渓(旧師の子)が「興譲館」の揮毫を残したことから、校名を「興譲館」としました。

 開学からわずか10年、山陽道を行き来する諸子たちが次々にこの門を叩き、中国、四国、九州の教育の拠点として「天下三館」(水戸 弘道館 萩 明倫館 岡山 興譲館)と謳われるようになり、阪谷朗廬先生も「海内の儒宗」としてその名を天下に轟かせました。

 それ以来、約160年の間、興譲館は地域の教育を牽引してきたのです。明治の学制発布により、多くの藩校や郷校は公立学校への転身を図りましたが、興譲館は半官半民の私学としてその歴史を刻み続け、現在、我が国の高校において、私学のままで校名変更していないという条件を付けると、我が国で最も歴史ある高校だと聞き伝えられています。

教育理念
教育

興譲館の教育

 阪谷朗廬先生は、開学当初から南宋の大儒朱子が白鹿洞書院の再興にあたって教育の指針として掲げた「白鹿洞書院掲示」を校是として、毎朝、子弟共々講堂に会して朝礼を行い、この「白鹿洞書院掲示」を唱えてからその日の課業に入りました。以降、160年の間この「白鹿洞書院掲示」が興譲館の教育の根幹を貫く建学の精神として脈々と息づき、伝承の校訓として引き継がれているのです。

「白鹿洞書院掲示」


白鹿洞は中国江西省廬山の中、五老峰という峰の下にある。
後唐の学者が学問所を建てて子弟を教育したと言われる、いわば学校。日本の歴史でいう平安末期、宋の朱子が荒廃した学問所の遺跡に書院を再興。その子弟の守るべき心得として掲げたのがこの白鹿洞書院掲示である。

教育理念